バナー

過払い金請求のデメリットとは

過払い金の請求のデメリットに関しては、かつてはいくつかの指摘される内容がありましがた、現在においてはほとんど無く、あげるとすれば、法律事務所に委託をしたときに費用が発生することや、法的に処理をする場合には裁判所から本人あてに特別送達で書類が送られてくることをあげることができます。


過払い金請求では、かつては、一番大きな問題としてブラックリストへの記載がありましたが、現在では金融庁判断より債務整理とは異なる判断が下されており、そのために行ったとしてもリストに記載されることは無くなっています。



ただし、過去において行っている場合にはリストに記載されている可能性が高く、この場合には個人情報センターに確認を入れ、万が一記載がある場合には、事故歴届出会社に対し、事故情報取消申立書の提出を行う必要があります。

安心安全のプロミスの過払い金選びをサポートするサイトです。

ブラックリストでの記載抹消はその理由となる原因が解決されない場合には記載され続ける事になり、解決している場合でも、例えば自己破産などの場合には7~10年程度の間リストに残ることになります。

goo ニュースに出会えて満足です。

支払い遅延などでの軽いもので、遅延が解消されている場合などでは1年程度で記載から外れることもあり、概ね内容としてはケースバイケースとなっています。

過払い金請求を行う上でのデメリットはほとんど無いと言っても過言ではありませんが、実際行う場合には煩雑さが伴うこともあり、特に自分で行う場合には、相手先への取引履歴の開示や金利引き直し計算、また、実際の交渉などと、かなりの時間と手間がかかることになります。法律事務所への委託は、スムースに進めることができ簡単に行うことができますが、この場合には費用が発生することになります。

現在、多くの法律事務所では、着手金が0円、報酬清算に関しては決着後に行っているところも多く、委託をする場合には事前に情報を入手してから依頼をすることも1つの方法となります。