遺品整理士の資格について

main-img

遺品整理士と言う資格が在るのをご存知でしょうか。



不用品回収を行う会社の中には故人が残した遺品の整理を手掛ける会社も在ります。



遠方に住む身内が急に亡くなってしまう、と言う事は現実的に多いと言います。



そもそも一人暮らしをする人が増えているのは核家族化と言う社会問題が在るからなのですが、遠方に住む身内が亡くなる事で部屋の中に在る遺品を片付けなければなりません。



特に、亡くなった身内が賃貸の部屋などに住んでいる場合は急を要するとも言われているのです。



こんな時は専門の会社が遺族に代わって故人が残した遺品を片付けてくれるのです。

遺品は供養が行われ、その後は遺族の指示に従って返されるものも在れば、不用品回収と同じく廃棄されたり、リサイクル品として売却される場合も在ります。故人が大切にしていた品物ですの、全ての遺品は丁寧に取り扱う事が大切であることや、法律を守る事などが求められます。



遺品整理士と言うのは国家資格では無いのですが、資格を持つためには遺品整理についての知識や法律に関連する事などについての勉強をして行く必要が有ります。


そのため、単に故人が残した遺品を丁寧に取り扱って片付けるだけではなく、身内への配慮などが出来る資格とも言えるのです。全ての人が資格を持っているわけではないのですが、故人が残した遺品を整理して貰う会社を探す場合は、この遺品整理士の資格を持つスタッフが居る会社を選ぶ事で身内は安心して遺品整理の仕事を依頼出来るのです。

関連リンク

subpage01

遺品整理はプロにお任せするのがおすすめ

故人が生前大切にしていたものや思い出の品、それらの遺品整理をするのは簡単なことではありません。ご家族で遺品整理を行うという方もいらっしゃいますが、いざ始めてみると捨てるものと残すものの仕分けが難しかったり片付けに時間がかかってなかなか進まなかったりします。...

more
subpage02

遺品整理士という仕事は尊い仕事

もしかしたら、自分の家族が孤独死を迎えてしまうかもしれないと考えたことはありますか。近年において、少子高齢化が問題視されており、残念ながら孤独死が増えつつあります。...

more